リゾートホテルのような部屋に憧れて床のリフォーム

私がマンションを購入して最初にしたリフォームはフローリングから大きなタイルの床に替えたこと!

 

愛犬が滑らないようにすることも理由のひとつではあったけど、憧れのリゾートホテルのような部屋にどうしてもしたかったのだ。

 

リゾート系の旅行やインテリアの本を大量に観てイメージが固まったところでタイルメーカーからカタログと実物を取り寄せ、迷いに迷った結果最終的に決めたのが「ペットとの暮らしを快適に」をテーマに展開されていた磁器質の床材。

 

もちろんリゾートホテルの雰囲気は重要視!メーカーの施工会社に見積を取ったところ材料と合わせて400万円かかることがわかり、床材のランクを下げようか悩んでいたら、友人が個人でやってる大工さんを紹介してくれるという。

 

家に来ていただき部屋の広さを正確に測りタイルの枚数などを計算し見積を出して貰ったところ、なな、なんと、施工費を合わせて200万円でできるという。

 

メーカーの半額じゃないか!

 

こうして愛犬も足腰を痛めることもなく、念願のリゾート風ライフを満喫中!

 

相見積もりは大事よね?!

 

これからタイル床に替えようと思っている方へのアドバイスとしてはホテルは土足でOKだけど日本の家だと靴は脱ぐでしょ?

 

夏は冷たくて快適だけど冬は寒いので床暖房にすることをオススメします。

 

家を借りる時の注意点(問い合わせについて)

私は、不動産会社に勤務している者です。家を借りる時に注意すべきポイントを記します。

 

是非部屋探しの参考にしてください。

 

まずはじめに部屋の探し方ですが、現在はインターネットの普及によりパソコンやスマートフォンからの部屋探しが非常に容易になっています。

 

一昔前まではコンビニ等で部屋さがしの雑誌等が販売されていましたが、現在ではネット環境により探す事が一番早く新鮮です。

 

雑誌になると販売された時点で既に成約済である等不明確な事が多いです。

 

続いて物件の探し方ですが、パソコン等で部屋を検索した際に行きたい不動産会社に行くのでは無くまず自分自身が住みたい物件を選びそこの掲載している業者に問い合わせします。

 

ここで注意したいのが、気になる部屋がたくさんあるからといってたくさん問い合わせをしないことです。

 

不動産会社を相手にたくさんの問い合わせをするとその業者の数だけ連絡が入ります。

 

要するに5社の不動産会社に問い合わせをすると5社の営業マンより連絡が入ります。

 

日中や夜関わらず連絡が入りますのでプライベートを優先したい人はまず絞って問い合わせをするか問い合わせ時の返信をメールのみに指定するなど工夫してください。

 

是非快適なお部屋探しをしてもらいたいと思います。

更新履歴